英会話アプリ『SpeakBuddy』を使ってみた正直な感想

 

英語学習アプリ『SpeakBuddy』を使ってみた。

 

「AIを使った英会話アプリ」と聞くとものすごく先進的で画期的な印象で、いかにも効果がありそうである。

 

しかし実際には、そうでもなかったのだが。残念なことに。

 

この記事では、SpeakBuddy の機能や使い方、使用した上での率直な感想を紹介する。

 

<目次>

・アプリ概要

・勝手に5段階評価

・感想

 

アプリ概要

 

機能がいろいろあるのだが、王道的な使い方をご紹介。

 

レッスンの種類

・ビジネス

・日常

のいずれかを選べる。

 

それぞれ

・初級

・初中級

・中級

・中上級

・上級

・最上級

 

とあり、いずれの級にも9レッスンある。

 

学習の進め方

例えば、

 

「日常」→「初級」の中にある、「出会い」というレッスンを選ぶとしよう。

 

「出会い」の中には、7つのシナリオが用意されている。

 

 

最初に「自己紹介」というシナリオがあるので、選ぶ。

 

「会話モード」に進む。(リスニングモードや穴埋めモードもある)

 

すると、画面にAIさんの顔が表示され(目がパチパチまばたきしてリアル)、

 

決まった文をしゃべりかけてくる。

 

その返答にふさわしい文を2択で選び、マイクを使って選んだ文を読む。

 

するとまた話しかけてくるので、またしゃべって・・を何ターンか繰り返す。

 

しゃべるごとに発音などを評価してくれる。会話を終えた後に、最終的な評価も表示される。

 

あちらがしゃべる文は、最初は表示されていないので耳で聞くだけなのだが、もしわからなければボタンをタップすれば表示される。

 

さらにその英文をタップすると、日本語を表示することもできる。

 

この「会話モード」を進めるのがSpeakBuddyの一番の王道的な使い方。

 

しかし、一応他の機能もお伝えしておく。

 

発音練習

「発音」モードでは、発音記号(例:æ)ごとに練習ができる。

 

実際に外国の方が発音している動画が用意されており、どのような口の形をして発音するのかを見ることができる。

 

キャラに話しかける

 

SpeakBuddyのロボみたいなキャラクター?にマイクを使って話しかけられる。

 

しかし、これがあまり融通がきかないというか、、

 

提案された文でないと、正しく反応してくれない・・・。

 

なので、残念ながらこの機能は全然使えない

 

こういう自由会話っぽい機能こそがAIの腕の見せどころだと思ったのだが・・・

 

料金

月額1950円

1週間無料体験ができる(2019年9月現在)。

 

勝手に5段階評価

 

5つ星中

☆☆。

2つ。。

 

感想

「本物の人間」ではなく「AIさん」と会話ができるということで、

 

緊張せずに英会話ができる!というのが売りのアプリ。

 

でも・・

 

本当に英語をしゃべれるようになりたいのなら、

緊張したほうがいいんじゃないか?

と思ってしまう。

 

書籍やアプリなど、「相手としゃべる」以外の手段で英会話の勉強をするのであれば、

 

「英語をいっぱい聞く」(英語のリズムや発音に慣れるため)

 

「文法や単語を勉強する」(会話においても最低限必要だから)

 

などに振り切った方がいいのかなあと・・

 

その点SpeakBuddyは「自分がしゃべる」アプリなのだが、所詮相手はいない

 

英会話学習ツールとしては、中途半端な印象を受けた。

 

「英語しゃべれるようになりたい!」と真剣に思っている人よりも、

英語を勉強するのが趣味という人の方が向いているアプリだが、

 

それにしても月額1950円は高い。。

 

だったら紙の教材一冊買って趣味的に勉強した方がいい気がする。

 

 

AIがもっと発展すれば話は別なのだが、現時点ではダメ。

 

 

まとめ:今のところSpeak Buddyは微妙

 

英会話ができるようになるためには、「誰か(人間)とたくさん英語をしゃべること」。

 

アプリ等その他の教材は、補助的に使うものと思っておいたほうが良い。

 

 

ちなみにアプリだと、SpeakBuddyよりもスタディサプリのほうがオススメ。

 

レビューはこちら。

スマホで英語学習『スタディサプリENGLISH/日常英会話コース』の使い方・感想。結構おもしろい。

 

 

というわけで、英会話アプリSpeakbuddyの辛口レビューでした。