小学生の英語・英会話塾の選び方。一番大事なのは子供と先生の相性、月謝や教材費が高額すぎるところはやめたほうが良し

 

 

2020年から小学5・6年で英語が「教科」となることが決まりました。

 

「外国語(英語)活動」というのは小学3・4年でもあるのですが、英語の成績がつくのは5年生からです。

 

そこで、「小3・4のうちに子供を英語・英会話塾に通わせておいたほうが良いのかも・・・」とお考えの親御さんも多いことでしょう。

 

この記事では、子供の英語塾の選び方・ポイントについて書きます。

 

ちなみに、地方の公立小学校に通い、公立中学校に進学する予定の子供であることが前提です。

都会であったり、私立中学受験する場合だと、全く事情が違いますので。

 

 

 

目次

 

・塾の選び方1:一番大事なのは子供と先生の相性

・塾の選び方2:教材費や月謝が高額すぎるところは避ける

・おすすめ塾と注意点

・まとめ

 

 

塾の選び方1:一番大事なのは子供と先生との相性

 

どのような塾であっても、指導を受けるお子さんと先生の相性が最も重要です。

 

先生がどれだけ優秀な指導者であっても、やり方がお子さんと合わない場合もあります。

 

塾に申し込む前に必ず体験教室へ行きましょう。

 

できればいくつかの塾で体験してみて、お子さんに一番好きだったところを選ばせてあげると良いです。

 

 

塾の選び方2:教材費や月謝が高額すぎるところは避ける

 

最初の入会金・教材費があまりにも高いところはやめておきましょう

 

ところによっては数十万かかる場合があります。

 

でも、もしお子さんが早々に嫌になって塾をやめてしまったとしても、そのお金返ってこないですから。もったいないです。

 

 

月謝は、できれば一万円以内が良いです。

 

あまり高くても、効果はそんなに変わらないかと・・・

 

 

だいたい、金積んだからって英語ができるようになるわけではありません

 

英語が好きになればどんどん吸収するし、お子さん自身にやる気があるのなら安価で英語力を上げられます。

 

市販の教材オンライン英会話などは、安いものの、英語を身に付けるには十分です。

 

中には、子供のときに大金かけて英語を学び、将来英語のエキスパートになる人もいるのでしょうが、

そういう人は大金かけてなくても自力で身に付けられたはずですよ。

 

勉強は最終的には自分でやるものなので、塾や教材が高いかどうかはさほど重要ではないのです。

 

 

それから、入会金、教材費、月謝などをオンラインではっきり公開していない塾・教室は論外です。

 

高額かどうかというより、お金にまつわることを隠すというその姿勢が企業としてダメですし、信頼できません。

 

 

 

おすすめ塾と注意点

 

私自身が地方の田舎在住なので、小さな町にもある塾を選びました。

 

公文

 

ベタで申し訳ありませんが、言わずとしれた公文です。

 

まず、週2回で月7,150円(東京・神奈川以外)という安さが魅力的。

 

英語の場合は最初に専用のペンを買う必要がありますが、価格は6,600円とそこまで高くはありません。

 

月謝についてはこちらのページで確認できます。

公文 – 会費とお支払い方法

 

1回30分とありますが、先生が一人一人計ってるわけでもないので…

たぶんそれ以上かかるんじゃないかと思います。

 

 

基本的には「自分で学習を進めていく」のですが、「ものすごく簡単な問題をたくさんやる」という方式なので、

 

問題がわからなくて困ってしまうということにはならないと思います。

 

 

公文の英語は英会話ではなく、単語やフレーズを英語ペンで発音を聞きながら身につけていくやり方です。

 

小5で始まる英語の準備にはぴったりだと思います。

 

 

ちなみに、教室によっては人数が多すぎるところがあります。

 

そういうところだと採点してもらうのに時間がかかり、質問がしづらい可能性もあるので、注意が必要です。

 

ECCジュニア

 

ECCジュニアは、公文とは違い、「英語でのコミュニケーション」に重点を置いています。

 

英語専門の塾ですし、先生は英語ペラペラ(のはず)です。

 

 

金額ですが、

 

入会金:5,500円

初年度教材費:19,910円

月謝:6,600円

 

となっており、まあまあ良心的です。

(詳しくはこちら:ECCジュニア – 英語・英会話コース

 

教材がとても良くて、遊び要素を交えながら無理なく英会話のレベルを上げていけるようになっています。

 

 

個人塾

 

田舎であればあるほど、チェーンの塾ではなく、個人塾のほうが多いのではないでしょうか。

 

英語の得意な人が個人塾を開いて指導を行なっているパターンです。

 

そのような塾は、月謝も指導方法も教材も様々ですが…

 

まずは上述の通り、月謝は一万円以内のところが良いですね。

 

 

自分一人でなかなか勉強に取り掛かれないお子さんの場合は、1対1または2対1でじっくり見てもらえるところを探しましょう。

 

また、指導象が中高生ではなく小学英語専門または小学生中心のところが望ましいです。

 

なぜなら、小学生英語の指導法と中高生英語の指導法は全く異なるから。

 

中学以降の英語を指導するのが得意な先生だと、小学生に対しても文法から始めさせようとすることもあります。

 

文法学習は小3・4には不向きです。たいていの子はまだ理解できません。

 

単語・発音・会話中心にやってくれる塾が良いです。

 

 

まとめ:最後はお子さん自身のやる気です

 

親御さんとしては、英語塾は「英語を好きになるきっかけ」くらいに考えてください。

 

やれこれからの国際社会がどうとか、英語ができれば進学・就職が・・・などと

大げさに考える方がいますが、

 

親がやる気満々でも意味ないので。

 

今回の記事でご紹介した塾の選び方を参考にして、ぜひ良いところを見つけてくださいね。